お知らせ

堀川検定はどんな検定?

名古屋城、熱田神宮等を結ぶ、名古屋開府とともに開削された歴史ある河川「堀川」。堀川検定は、堀川に関する深い知識を問う、 2021年に創設された新しい検定です。

本当の名古屋らしさを知りたいと思うなら、「堀川」を極めましょう。川が育む、まち、人、産業、文化が見えてきます。知りたい、極めたい。その想いを堀川関係団体が応援します。

そして堀川を極めた人は堀川の魅力を広めるキーパーソンである 「堀川アンバサダー」 になってください!

申込受付期間

試験日程【中級編】

試験日程【上級編】

記念すべき第1回は、令和4年1月30日(日)に開催が決定!
第1回は全ての方が中級編を受験していただきます。 実施概要と申込方法については下記のボタンからご確認ください。 なお、中級編合格者は、堀川アンバサダーの称号が与えられる上級編へのチャレンジが可能です。

堀川は、1610年の名古屋開府とともに、舟運物流を目的に開削されました。庄内川を主な水源とし、名古屋台地の西側を名古屋城から熱田神宮、宮の渡し、そして名古屋港にいたる全長約16kmの一級河川です。

長らく汚れがひどく、人びとに背を向けられてきましたが、最近は水質が向上し、沿岸には店舗や住居が増えてきました。堀川はいま改めて歴史ある都心の貴重な水辺として注目が寄せられつつあります。